2012年11月15日

Windows 8はやっぱり前途多難

久々の更新です。

 件のWindows 8は、開発の総指揮を執っていた人物・シノフスキー氏がマイクロソフトを退社して大騒ぎになっていますね。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1211/15/news019.html
 
 私自身は「Windows 8はVistaの二の舞」と書きましたが、Windows 8の価格が安かったこともあって、日本では「予想より売れた」というのが現状のようです。アメリカや世界がどうかは分かりませんが、いずれにしてもまだWindows 8の評価を下すべき時期ではありません。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20121027/etc_ms2.html
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/shopwatch/20121106_570733.html

 となればやはり退社の原因は「内紛」でしょう。シノフスキー氏は、「今後、現在のデスクトップはなくなって、メトロ(現在はモダンスタイル)のアプリばかりになる」と言っていた人です。

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1204/26/news090.html

 現在のマルチウィンドウ・マルチタスク環境であるデスクトップがなくなって、スマートフォンのようなシングルウィンドウ・擬似マルチタスクに戻るというのは、先祖返りであるし、現時点では「暴論」でしょう。その彼が退社すれば、マイクロソフトがそう言う方向へ舵を取らないのは明確ですので、個人的には歓迎です。

 いや、しかしまさかこのタイミングでシノフスキーが退社とは…。Windows 8はまだまだユーザーを別の路線で楽しませてくれそうです(笑)。 

 ちなみに私はすでにWindows 8 RTMを3ヶ月以上使っていますが、「スタートボタン」のない世界に慣れるはずが、フリーソフトで「スタートボタン」のある世界のママです。Office 2013もRTMが先日リリースされたので、遠からず試してみようと思っていますが、こちらもどうでしょうかねえ。
posted by 株式会社ユウトハンズ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。