2013年01月30日

Windows 8の「休止状態からの復帰」はハンパなく早い!!

Image2.jpg

 Windows 8が発売になって、すでに3ヶ月。予想通り、Windows 8がメディアに登場する機会は激減し、「絶賛放置中」という感じでしょうか(笑)。まあ、そもそもパソコン自体が最近ではメディアに取り上げられなくなっており、この状態も当然なのですが…。

 一方で、そのWindows 8の実力は、なかなかのモノです。「Windows 8は起動が早い」「古いパソコンでもWindows 8を入れると快適になる」というのは、いろいろなメディアで取り上げられています。

 実際、私も古いパソコンや、ショボい処理能力しかないパソコンにWindows 8を入れ、様々な用途で使ってみました。確かにそれらのパソコンでは、Windows 8が一番快適でした。

 ただ、元々のOSがWindows 7だった場合は、その差はごくわずかです。Windows VistaからWindows 7へ変えた時には「今までのは何だったの?」というくらい快適になりました。Windows 7が大分優秀なので、Windows 8を入れても「まあ、ちょっと早くなったな」と思う程度です。OS入れ替えには手間ヒマがかかる上に、Windows 8の場合は、ユーザーインターフェースの激変がありますから、Windows 8の載せ替えを誰にでもお勧めする程の差はないと思います。

 しかし、軽量のノートパソコンを常時持ち歩いて、外出先で長時間使う人にだけは、様々な困難を乗り越えてでもWindows 8への載せ替えを強くお勧めしたいと思います。なぜなら、Windows 7からWindows 8に変えるだけで「休止状態からの復帰時間」が半分以下になるのです。

 今日は、Windows 8の「休止状態からの復帰時間」の優秀さについて書きます。

続きを読む
posted by 株式会社ユウトハンズ at 09:47| Comment(1) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。