2012年08月22日

Windows 8の正規版(RTM)が来た(1)

名称未設定 2.jpg

 しばらくぶりの更新です。この間、文書管理ソフト「オフィスッキリ」の新製品「法律事務所版」や「会計事務所版」を開発したり、FileMaker Pro 12が登場したりと、いろいろなことがあって、なかなかブログまで手が回りませんでした。(←言い訳)

 その間に、Windows 8も初期β版である「Windows 8 Consumer Preview」から、最終β版の「Windows 8 Release Preview」がリリースされ、つい先日の8月16日未明には、Windows 8の完成版である「Windows 8 Release To Manufacturing」(以下Windows 8 RTM)が、TechNet経由でダウンロード出来るようになりました。

 せっかくですから、Windows 8 RTMを会社と自宅の環境に入れて、日々使ってみることにしました。自分が使っているすべての周辺機器、ドライバー類、そしてフリーソフトの類まで入れてしばらく使ってみないことには、Windows 8というものの本当の姿が見えないと思ったからです。

 実際にWindows 8をメイン環境で使ってみると、いろいろな変化に気付き、いらつくこともあれば、感心することもあります。今回は、そのあたりを書こうと思います。
 しばらくWindows 8 RTMをメインで使ってみた感想は、特定の「むかつく」部分を回避すべくカスタマイズをしておくと、随分印象が変わるOSだなあ…ということです。この「むかつく」部分の回避方法は、誰にとっても有効だと思いますので、備忘録をかねてご紹介します。

(1)「再起動」や「シャットダウン」を素早く行う
 Windows 8を使って誰もが一度は迷うのは「再起動やシャットダウンはどうすればいいか」です。Windows 7までは「スタートボタン」がありましたので、「スタートボタン」を押してメニューを表示させ、その中の項目から再起動なりシャットダウンなりを選べばOKでした。しかしWindows 8では「スタートボタン」がなく、後釜の「スタート画面」で再起動やシャットダウンを行うためには、こんな手順をたどる必要があります。

(a)Windowsキーを押して「スタート画面」を表示させる
(b)マウスカーソルを「スタート画面」の右上や左下に持って行き「チャーム」画面を表示させる。
(c)「チャーム」画面から「設定」を選ぶ
(d)「電源」を選び「シャットダウン」か「電源」を選ぶ


 文章にするとすごく複雑ですが、実際にやって見ても複雑です(笑)。この手順だけでWindows 8がイヤになる人は、全世界で100万人くらいはいそうな勢いです。
 ここは一つ、キーボードショートカットの「ALT」+「F4」を覚えるのが簡単でしょう。この「ALT」+「F4」を押すと、開いているアプリケーションソフトが一つ一つ終わっていき、最後にWindowsの終了画面が表示されます。

名称未設定 0.JPG

(2)廃止された「スタートボタン」の代わりを作る
 何度も書いてきたように、Windows 8に対する悪評の根源は「スタートボタン」が廃止されたことに尽きます。逆に言えば、Windows 8の操作性に慣れるまでは、「スタートボタン」と似た機能を自前で用意すれば、Windows 8に対する印象も大きく変わります。

「スタートボタン」と似た機能を用意するには、Windows 8の標準機能を裏技的に使う方法が簡単です。

http://news.mynavi.jp/articles/2012/06/25/letswindows8/index.html

 このページの方法は作業手順も簡単で、「スタートボタンを押したあとに表示されるメニュー」と同じモノが表示されますので、「普段は使わないソフトを探す」場合には便利です。

名称未設定 1.JPG

 しかし「メニューに表示される項目を検索する」ことや、「メニューを使ってシャットダウンする」ことはできません。そこまでやりたい場合は、フリーソフトの登場です。

「スタートボタン」と同じような動きをするフリーソフトもいろいろと使ってみましたが、その中では、「Classic Shell」というソフトが、一番「スタートボタン」の機能に近い感じがしました。

http://classicshell.sourceforge.net/index.html
http://www.ka-net.org/blog/?p=1766

名称未設定 1.JPG

 ここまでやると、もうすっかり気分はWindows 7+α。細かい部分のブラッシュアップが進んだ分、Windows 7よりも使い勝手は確実に上がっています。でも私自身は、ここまでして以前の操作性に戻すのはいかがなものかと思っています。

 マイクロソフトのWindows 8開発者が、スタートボタンをなくした理由をこの公式ブログに書いています。

http://blogs.msdn.com/b/b8_ja/archive/2011/10/19/start-comments.aspx
http://blogs.msdn.com/b/b8_ja/archive/2011/10/24/start-designing-search.aspx

 これを読むと、長年親しんだ「スタートボタン」にも多くの問題があり、Windows 8の「スタート画面」が、「スタートボタン」の欠点のいくつかを解決したのは事実だからです。そんなワケで、Classic Shellは遠からず使わなくなるかも知れません。

 次回に続きます。
posted by 株式会社ユウトハンズ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。