2014年04月03日

早速入れてみました、Windows 8.1 Update1!!

 久々の更新です。Windows 8.1がリリースされて7ヶ月。Windows 8.1 Update1が本日、TechNetやMSDNでダウンロードできるようになったため、早速メインマシンにインストールしてみました。

Image2.jpg



続きを読む
posted by 株式会社ユウトハンズ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

Windows 8.1 RTMが来た(1)

Image1.jpg

 昨日、急遽リリースされたWindows 8.1 RTM。早速、VAIO Pにインストールして、いろいろと試してみました。

 結論から言えば、パフォーマンスはWindows 8と同一。この時点での印象は「これなら企業用途でもなんとか使えるかも」です。



続きを読む
posted by 株式会社ユウトハンズ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

前言撤回でTechNetにも今日Windows 8.1 RTMが来た!!

キャプチャ.JPG

 Windows 8.1 RTM(製品版)は、今回、開発者も一般消費者と同じ10月18日にしか入手できないことになっていましたが、今日、廃止間近のTechNetでもダウンロードが可能になりました。同様に、Windows Server 2012 R2もRTMがダウンロード出来ます。

 きっと、マイクロソフトの偉い人がこのブログを読んで、悔い改めたのでしょう(笑)。

 ただ、個人的にマイクロソフトの、こういう場当たり的な対応は嫌いじゃありません。多分、世界中の開発者から、ものすごい数のクレームを受けて、こういう運びになったのでしょう。場当たり的ではありますが、開発者の意向をきちんと聞いてくれたわけですからね。

 これから早速VAIO Pに入れて試してみます。結果はこうご期待!?



http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130910_614741.html
posted by 株式会社ユウトハンズ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

Windows 8.1 RTMとWindows Server 2012 R2の共通点

 Windows 8.1では、TechNetやMSDNの会員であっても、一般ユーザーと同じ日10/18でなければ、RTM(完成版)を入手できません。そのことについて、昨日のブログで、「マイクロソフトは公式にその理由を説明すべきだ」と書きました。

 奇しくも、マイクロソフトの公式ブログに、それらしきことが書かれました。マイクロソフトのお偉方が私のブログでも読んでいたのでしょうか(笑)。

http://blogs.technet.com/b/microsoft_japan_corporate_blog/archive/2013/08/28/quot-windows-8-1-quot.aspx

 それによれば、こんな事が書かれています。

続きを読む
posted by 株式会社ユウトハンズ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

TechNetでもWindows 8.1 RTMのリリースは10月中旬に!!

 Windows 8.1の製品版「Windows 8.1 RTM」は、当初の予定通り、PCメーカー向けに出荷されたそうです。

http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-7037.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130828_612923.html

 通常ですと、OEMメーカー向けに出荷されたあと、数日くらいで、マイクロソフトの会員制有料サービスのTechNetやMSDNのユーザーもダウンロード可能になります。Windows 8の時も、Windows 8の販売開始は10月中旬でしたが、8月中旬にはTechNetからダウンロード出来るようになりました。

http://ofisukkiri.seesaa.net/article/287820730.html

 今回もそうだろうと思って、いろんなマシンにWindows 8.1 RTMをインストールする算段を立てていたのですが、なんと今回はTech NetやMSDNのユーザーであっても、ダウンロードできるのは発売日と同じ10月18日だそうです。がーん。

続きを読む
posted by 株式会社ユウトハンズ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

確かにWindows 8.1PRでスタートボタンが復活

キャプチャ00.JPG

 今日、Windows 8.1のプレビュー版が入手できるようになったので、早速入れてみました。通常の入手方法は、Windowsストア経由だそうですが、ユウトハンズではマイクロソフトのTechNetサブスクリプションに加入しているため、TechNetでISO形式のファイルを入手し、Hyper-vの仮想環境に入れました。

 上から目線で恐縮ですが、「ほお〜、大分良くなったじゃないか」と、素直に感じています。

続きを読む
posted by 株式会社ユウトハンズ at 13:30| Comment(4) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

Windows 8.1でやっぱりスタートボタンが復活!!

 年内にリリースされるという、Windows 8の無料アップデート「Windows 8.1」。その
 Windows 8.1では、スタートボタンが復活することをマイクロソフト自身が公式にアナウンスしました。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/31/news048.html

続きを読む
posted by 株式会社ユウトハンズ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

パソコンはこまめな電源オンオフが苦手

_MG_9339.jpg

 最近、出勤前に、会社のすぐそばにある「サンマルクカフェ」で、一時間ほど「お一人様カフェ」をしています。

 お一人様カフェの最中、私は愛機VAIO Pに向かって、ひたすら何かを書いています。このVAIO Pは、前回書いた通りWindows 8がインストールされています。書く内容は日記だったり、このブログだったりいろいろです。元ライターである私にとって、このVAIO Pで文章を書くというのは、完全に「趣味の領域」なのです。

 私は1984年から日記を書いており、当時は紙のバインダーに鉛筆でした。1998年からワープロ専用機で日記を書くようになり、1992年からはノートパソコンで日記を書いています。今では、日記を書くこと自体が楽しみになり、日記を書くためのパソコン環境を構築することもまた楽しみです。ヘタをすると、日記を書いている時間より、日記入力環境を構築している時間の方が長かったかもしれません(笑)。

 これまでに購入した日記書き用のノートパソコンは、全部で20台。現在の愛機VAIO Pまで21年間で20台ですから、平均すると1年に1回は買い換えている計算になります。その20台を列挙してみました。

続きを読む
posted by 株式会社ユウトハンズ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

Windows 8の「休止状態からの復帰」はハンパなく早い!!

Image2.jpg

 Windows 8が発売になって、すでに3ヶ月。予想通り、Windows 8がメディアに登場する機会は激減し、「絶賛放置中」という感じでしょうか(笑)。まあ、そもそもパソコン自体が最近ではメディアに取り上げられなくなっており、この状態も当然なのですが…。

 一方で、そのWindows 8の実力は、なかなかのモノです。「Windows 8は起動が早い」「古いパソコンでもWindows 8を入れると快適になる」というのは、いろいろなメディアで取り上げられています。

 実際、私も古いパソコンや、ショボい処理能力しかないパソコンにWindows 8を入れ、様々な用途で使ってみました。確かにそれらのパソコンでは、Windows 8が一番快適でした。

 ただ、元々のOSがWindows 7だった場合は、その差はごくわずかです。Windows VistaからWindows 7へ変えた時には「今までのは何だったの?」というくらい快適になりました。Windows 7が大分優秀なので、Windows 8を入れても「まあ、ちょっと早くなったな」と思う程度です。OS入れ替えには手間ヒマがかかる上に、Windows 8の場合は、ユーザーインターフェースの激変がありますから、Windows 8の載せ替えを誰にでもお勧めする程の差はないと思います。

 しかし、軽量のノートパソコンを常時持ち歩いて、外出先で長時間使う人にだけは、様々な困難を乗り越えてでもWindows 8への載せ替えを強くお勧めしたいと思います。なぜなら、Windows 7からWindows 8に変えるだけで「休止状態からの復帰時間」が半分以下になるのです。

 今日は、Windows 8の「休止状態からの復帰時間」の優秀さについて書きます。

続きを読む
posted by 株式会社ユウトハンズ at 09:47| Comment(1) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

SSDとWindows 8標準の仮想環境「Hyper-V」の組み合わせが快適すぎる!!

キャプチャ.JPG

 悪名高きWindows 8ですが、Windows 7から圧倒的便利になった箇所もいくつかあります。そのうちの一つが、仮想環境「Hyper-V」がクライアント用のWindows 8でも使えるようになったところです。従来、Hyper-Vはサーバー用OSだけで動作していました。

 仮想環境は「遅い」というイメージがありますが、「Hyper-V」は「ハイパーバイザー方式」と言う、パフォーマンス面で有利な方式を採用しています。ちなみに私の使っているパソコンは、システム領域がハードディスク(HDD)ではなく、フラッシュメモリのSSDになっています。

 Hyper-Vで仮想環境を作ると「VHD」という拡張子のファイルが作られます。そのVHDファイルをSSDに置いて仮想環境を動作させると、ムチャクチャ早くて感動します。例えばWindows XPをHyper-Vで起動すると、ログイン画面までが15秒、起動完了が20秒足らすです。もちろん、その他の作業もサクサクです。

 IT業界のトレンドとしては、「サーバー機で仮想化」が花盛りですが、中小企業では「Windows 8クライアント機で仮想化」の方がメリットは大きいと思います。
 
 今日はこのあたりについて書いてみます。続きを読む
posted by 株式会社ユウトハンズ at 10:31| Comment(1) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。